読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dockerを1.10から1.11へアップデート on CentOS7

メモ記事

前説

前回の記事↓で首尾良く?Docker上でEmacsを動かせるようになったのは良いものの、表示が崩れまくって非常にストレスフルという問題がありました。

Docker上のEmacsのビルドでハマった話 - eshamster’s diary

調べてみると、Dockerの下記のissueが引っ掛かりました。バージョン1.7~1.10では壊れてるけど、1.11で直るとのこと。現時点(2016/7/31)ではCentOSのデフォリポジトリからとれるのは1.10だったので、1.11にアップデートした次第です。

regression terminal drawing on 1.7.1 · Issue #15373 · docker/docker · GitHub

本題

とりあえずサービスを止めます。

$ sudo systemctl stop docker

Docker 1.10をサクッと消します*1

$ sudo yum remove docker docker-selinux docker-common

Docker 1.11のリポジトリを登録します。

$ sudo cat<<EOF>/etc/yum.repos.d/docker.repo
[dockerrepo]
name=Docker Repository
baseurl=https://packages.docker.com/1.11/yum/repo/main/centos/7
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://yum.dockerproject.org/gpg
EOF

インストール&起動(完)。

$ sudo yum install docker-engine   # "docker"ではない
$ sudo systemctl start docker      # サービス名やコマンドは"docker"で変わらず

少し使ってみたところ、Emacsの表示が崩れなくなり大変快適になりました。ただ、pareditの挙動が相変わらずあやしい…。


*1:docker-commonの削除が常に必要かは不明です。自身の環境ではこれも消しておかないと、コンフリクトで1.11のインストールに失敗しました。